b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンオータムセール

 

 

 

日程は毎年変わりますので・・ビーグレンセール情報は公式サイトにて

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

化粧水をたくさん投入していても、美容液・乳液は必要ないと思い上手く使えてない人は、顔の大量の水分を補給していないため、美肌道に乗れないと推測されます。
美肌をゲットすると定義付けされるのは誕生して間もなくのふわふわの赤ん坊と一緒で、いわゆるすっぴんでも、状態にツヤがある素肌に進化することと言えると思います。
お肌の新陳代謝であるターンオーバーというのは、22時から2時までの間により多く実行されると聞いています。眠っているうちが、美肌には非常に大事な就寝タイムとして留意していきたいです。
姿勢が悪い女性は自然と頭が前屈みになる傾向が強く、首元にかけて大きなしわができることに繋がります。綺麗な姿勢を留意することは、ひとりの女としての所作を考えても誇れることです。
遺伝的要因もかなり関わるので、両親のいずれかにでも毛穴の広がり方・汚れの大きさが異常である人は、両親と同等に毛穴が詰まりやすいと基本的にみられることもございます。
就寝前のスキンケアに気にかけてほしいことは「過不足」を出さないこと。今のお肌の状況によって、「リクエストされる栄養素を必要な量だけ」といった、教科書的な肌のケアを実行していくことが気を付けることです。
シミを消してしまうこともシミを生み出さないことも、ずっと使われている薬とか皮膚科では難しくもなく、楽に対応可能なのです。いろいろ考えこまないで、お勧めできるケアができるよう心がけたいですね。
本当のところニキビは、「尋常性ざ瘡」とされることのある皮膚にできる病気です。単なるニキビとあなどっているとニキビの腫れが残ることも往々にしてあるので、理に適った素晴らしい薬が肝要になってきます
顔が乾燥肌の方は、いわゆる長風呂はよくありません。もちろん体を丁寧にゆすぐことが要求されます。なおお風呂から上がって肌の乾燥を嫌う人は、お風呂の後は速やかに保湿ケアをすることが重要だと断言します。
洗顔行為だけでも敏感肌傾向の方は重要点があります。肌の汚れをなくそうと思い細胞構成物質をも除去してしまうと、毎日の洗顔行為が肌荒れを作る理由になるに違いありません。
美肌の重要なポイントは、食物・睡眠です。ベッドに入る前、お手入れするのに長時間必要なら、"洗顔は1回にしてわかりやすい"プチケアで、寝るのが良いです。
美白に悪影響を及ぼす要素は紫外線になります。皮膚が古いままであることも組み合わされていき、今後の美肌は減退することになるのです。いわゆる皮膚の新陳代謝不順のメカニズムとしては、ホルモンバランスの弱体化にあります。
血管の血液の流れを上向かせることにより、肌のパサパサ感を防御可能です。そういうわけで体をターンオーバーで若返らせて、ドロドロ血液を止めるような食べ物も、冬の乾燥肌から細胞を守るには効果てきめんです。
シミはメラニン物質という色素が体中に沈着して生まれ出る、黒色の円状のもののことと決められています。化粧で対応できないシミの要因及び濃さの程度によって、かなりのパターンがあるそうです。
巷で人気のハイドロキノンは、シミを減らす目的で主に皮膚科で案内される物質なのです。その力は、手に入りやすい薬の美白パワーの何百倍の差と言うに値するレベルです。